符山純が「二十代の老化現象」と題して、男性のマスタベ!ションを体験的ににしていたので一部を引川する。「わけでも肉体制神もにもっとも打靴下的に感じられるのが、マスタベションができなくなってきたこと。やや強迫観念症の気味がある小生には、これは致命的に忠われて仕店がない。山々からセックスよりもマスタベlシヨンのほうが数段エロチシズムを喚起されてきたので、なにやら人生の終わりめいた厳然感すら党えてしまう」こんな版制守読むと、出作は-性とのセックスに大なり小なり扶性を感じるために、エロチシズムから述くなるのか、あるいは、人間は究報的にはエゴイストであるから、性もマスタペシヨンに尽きるのかもしれないと思ったりする。だいたい、別性は水中に火第二重ETAROUIROの必愛ts~十性を愛したい心底思っているのだろ’フかと、根源的な疑問さえ視いてくる。しかし、夫予としてのエロチシズムだけでなく、山山女の親街な行動、行為からエロスを体感したいと求めるのも同じ人仰の行いである。私は公開講座て語られた男性の「好きな火作とのセックスはすてき」のほうに、これからの引女関係が先脱することを期待したい。エロチシズムやファンタジーも大切であるが、情報時代にあっては性が情報化され、快楽とテクニックの耐ばかりが強調され、性と生がずれてしまい、性のダイナミズムは人と人との川でしか俳られないという認識すら部れている。恋愛やセックスはで出会った引女川のコミュニケーションであり、互いに虚飾のない自己表現である。セックスが欲望のはけけや制報ばかりであれば、一方泌行の消耗に終ってしまい、飢独店、虚無感がつのるばかりになる。第三章仲間恋愛と偏差値結婚第三章仲間恋愛t偏差値結節ハナコさんのこころ第二号.て制介したこ代引性の恋円紡姉の対象となる可能性が出い同年倫肘の火性は、何を考え、どんな行動をしているのか。マスメディアで取上げられる機会が多いハナコさんに代表されるたちの動向を詐取訓汽やアンケートから探ってみると、次のようなプロフィールが浮かんでくる。彼女たちは、矩大、大学を前十訟を9ると就職する。文部行の学校法未・調先に、昨年脊の就職状況を見ると、大学卒の七八・五%、短大卒の八六・一%が就職し、その数は二凶万三人で、男子学生の就職者を上阿っている。一九五O(昭和二五)年から始められたO。同調責て、短大、大学卒の女子の数が男子を上回ったのは初めてである。

だから職場、てモタモタしていたり、仕事で失敗した先輩や同僚を「あっ、アイツ?ダメだよ」とスパッと。切る。ような、心の中にしまっていた思いを何気なく円にしてしまう。会社の州途、出火混合でカフェパーなんかにちょっと寄って、ビールかワインを飲みながらリラックスしている折にでる社内の人のウワサ訴で、彼は心のうちをチラッとれんせて第三章仲間恋愛と偏差値結婚こたしまう。時と場所、雰囲気を問わず、男性ウォッチングに怠りないは、そんなひと言を見逃さない。「有望孫はいいけど、結婚して私が何か失敗したりモタモタするとかダメなぎしゐ石町んきヤツ。と態度を急変させるのでは:::」と疑心暗鬼になる。いったんそうなると、その後は本人がそんなつもりではな〈ても、彼女の思った通りに見えだす。それを機会に「結婚相手はクールなエリートよりも、やさしいフツ!の男のほうがいいかな?」との心は徐々に変わる。豊田さんの勤務する会社は、世界的に名が通っている。それでも「有名大学卒業、仕事ができる三歳過ぎた男性シングルが何人もいますよ」と。序列に敏感で嫉妬深いのは男性の特性であるが、女性はそれを好まないようである。社内の男女にロマンスが芽生えるのは、職場とはかぎらない。近年増えているのがテニスコートとスキ喝「テニスとスキーは大企業、男性社員の必須科目。この二つができないと出会いのチャンスがすご〈かぎられる」で、マスメディアで紹介されるように、がポ1イフレンドを複数持って、ぷ念ア。ホケン男。などと命名しているのは、事実かと問うと、豊田さんは「だいたい当ってます」とおっしゃった。「今の二代は共通一次世代て、自分がかいく?ってきた入試だけが強烈な体験。一流大学山山坊でなくても削五組問主hが身に染みていて、物の比方にその門性が抜けないんです一広明、第二志明、計り止めと受験の時同じぷ呪です」。第一ぷ唱はまぐれ人社内.ては第中ならぬkの興、本人のH実力。よりかなり上位の相手を析し、偏差値は第二志望よりプ5。れる入、滑り止めはか使利ちゃんnアッシラス第二志望はコソコ釣り合いがとか呼ばれる彼火のお呼ぴに応じてどこへでもついて行ったり、迎えにかけつけ足代りになるうえにグチまで聞いてくれる重宝な引性て、学生時代からのポとキプしているOLbいる。「もちろん、大・万は第二志望に落ぷ引きます。です」と担川さんは明解に分析する。ていること。先ぷがあって、お祝いをすると、『二をよく削きます。

同じ認の同僚から絵められない理由は、コ、不入社のが圧倒的に多く、系列会社役員のよ相娘様。もいらっしゃるから。男性社員は、注意して嫌われ、思わぬ所から績給が入って辻を引っ仮られたりするリスクを負うより、必ぐ仕事は、仕本熱心なに頼んで川を足すのを悦わしとしている。たまに上司から仕事の将促をされて、H遊牧。の広が過ざたことを知ったOLは、一日一二川お茶くみをするパントリーで三間いわけをする。「私がやってる事務の仕引って、長距蹴トラックのドライバーと同じようなものよ。いつも同じことの繰り返して淵そのもの。でも、まちがわないように神経遣うから、神経波労を感じて休憩したくなるのよね。総職のあなたには、わかってもらえない、でしょうけど。お給料だってあなたより少ないんだから」仕事に不満を持っているのは、四年制大学を広業して一般職の事務をしている人に多い。仕事の内容よりも、車尽の一等地にある大企業の看板にひかれ入社したことは忘れ、「私は本当はこんな仕事には向いていmない」と転職を考えながら「留学もいいわね」とときどきもらす。しかし、行動は伴わない。「だってお給料がダウンする所へは行きたくないもの。留学してもきちんと怠業するのは大変だし」なんて。しかし、盟聞きんもくだんのたちにまったく同感する点がひとつある。「社内にすてきな引性が少ない」という本{犬。は入社時は、恋人やポイフレンドがいる、、,、:、一,、にもかかわらず「すてきな人がいるかしら?」と大いに期待している。そして、入社一年はウォッチング。一年が終って同則入社の火性が同則合を似すと、一応にがっかりした緑子がありあり。「いい入、いないわねえ」サまじりのが聞かれる。Hところが、入社後数年経っているの巾からは、社内の男性社員と婚約して、挙式日が告知される人がでてくる。その用紙はフォーマットがあって、手きで挙式日時と場所、引火の所属諜主氏名が件き入れられれば完了である。社内結賠が会社の行事と同じように扱われている。附れて公表された叫川内べて、たちはお祝いの会を持つ。時約したは、仲のよいに「一紺に仕引をしていて的が移ったの」ともらす。が男性作パ以を夫に選ぶポイント.て、近年以狩なのは「やさしい人」。パリパリ仕事をして山川をめざしている男性は倣述される。社がぶりゃ山山廿一志向のせいてはない。大方、その乎の明性は銘柄大川市山身、て、長年H偏差飢を上げるのに熱中して、競争心を煽られ身に染み込ませている。

直結節いと考えている。アンケート調査に表れる男性像、女性像はそれぞれが姉〈理想的イメージであるとしよう。したがって、一一一一日葉にすれば快川正の条件を並べる結来になるの.であろう。そして、災際白分が相手を選ぶ段階になると、向分のフィーリングでひと味述う結婚をしたいと与えている。企業が行った調脊-はサンプル数が少ないから、数字はかなりの誤五合合んでいると与えられるが、表されている傾向は、けん聞きするの一日肋のご聞を表していると忠わフ、れる。結館後、子供を産んで自分で行てたいと担む女性が、夫に経済力を求めるのは一応理解できる。二代女性の平均所得は同年齢川の男性の約八と低いから、相手に経済力が乏しければ困ろう。健康や経済力は、二人の幸せを保証はしないが、互いに元気でまずまずの生活が続けられれば、他の事は我慢できる人が多い現実である。しかし、現状は夫のみの収入で家族が暮らしていくのは難しくなっている。そのうえ、第一章にあげたように、恋愛結婚を望む人が多い。恋人と失に求めるものが違いながら、恋愛結時したいとれば、相手を探すのは什の抗れることになると恕像がつく。しかし、現実には結婚する女性は跡を絶たない。ヲOLは折合いをつけているのか。東京の大企業メーカーに勤めるOLにOLO%スポットを当て、実怖を聞いた。やさしい男へ移る情詰ってくれたのは州首礼子さん合一五)。列女縦川機会均等法が胞行された一九八六(昭和六二年入社の総合職一期生て東京の私立大学法学部を怠業しているまず社内のOLファッションの特徴は、冬、ても足元はサンダル版き。理聞は定かでない。が、入社後、盟問さんが向宅から版いてきた靴のまま仕事をしていると「和れない?」とと、サボれるだけサボって最低限の仕事しかしない人、一般事務の仕事しか与えられないことに不満を持っている人の三色に分かれています」。三O遊牧。すんわ貼何人もから同じ質問を受けたと言うから通風のためらしい。仕事ぶりは「大企業の場合は、真而目に責任感を持って仕事をする分ごとに席を立って、社内もいて、他の謀、てお茶を飲んだりお喋りが過ぎて周りに迷惑が及びだすと、遊牧先の管理職から彼女の上司へ「お宅の女の子をあんまり放し飼いにしないで欲しい」とクレームの屯訴がかかってくる。屯話ぞ受けた上司は彼女に「きのう頼んだゃっ、急ぐんだけど」と仕恥をせかす。0L第三章やl.IIJH恋愛と偏差値結節の自主的サボタージュです。

世都間在住の二問から二六践の女性人のうち「引性と二人てお.泊を飲むこと」に七問%、「午前様になる」のも六二%が「抵抗ない」。外的、間接、明友達との旅行も半数は抵抗を一市さない。ナンパされる、ナンパするのも三人に一人は「抵抗ない」。切火関係にかなり開放的であるが、ナンパするのに抵抗がないから即行動というわけでもなかろう。反対にされる場合は、相手を厳しくチェックするl現在二O代半ばの女性は、のが現代峡である。かつてテレビで花の女子大生。と祭り上げられ、今、ハナコさんとなって消費をリードしている層。日本人のモラルと化している世間体にあまり縛られいていないが、経済的自立志向は弱い。三が結婚したい年紛の目安を歳前に置いているのは、他の調査でも明らかにされている。テンポラリセンターが、昨年秋に茎爪て行った「ツショット・パーティ」に参加した出火二五七人から集めた「恋愛観、結掛観」のアンケートでは、女性が考える結一掛適齢期は、女性二八・三歳、児性二九・九歳。これに対して別性は、’性二五・凶歳、男性二九・三歳を結崎町適齢期としている。附AHえた女性は同社にな録して働く派泣スタッフ、男性は彼火たちを受け入れている企業の社υ凡である。男性の紡断迎付則は二九哉て、引火の考え方にほとんど去がないが、女性に対しては引女で三歳の差がでている。働く’性は結舶を急がず、川力性は二五歳前後の年下の女性と結婚したいと考えており、年齢に対する男女のすれ述いが兄られる。では、どんな相手の結婚を描いているのか。アルトマン研究所が一九八七(明和六二)年互に、全凶の都市在住の女性四八四人に聞いた結果によると、夫に求める条件は①健康、⑦経済力、③人柄、④t包容力、⑤行動力。ひとことで表せば「頼りになる人」。ちなみに、恋人に盟むのはφ人柄、②フィーリング、③行動力、④凶作室、⑤趣味の一致の脳、て、かなり情緒的。「一紺にいて楽しくて、しかも頼りになる人」はなかなかいないと思っている節が綴える。一方、山性の思必については、’性対象の淵究に一年先立って行われ、サラリーマン三二人から山AMが集められている。川在が主に求めるのは①援しさ、鐙品川寸上さ、③科理上手、刈配り、⑤明朗さ。恋人’としては①楽しき、③尖入、③俊しさ、④明朗さ、⑤プロポーション、とこちらは視覚的である。優しさと明朗さは、恋人、妻いずれにも欠かせな第三章や恋愛と偏差値です。

四年制大学卒の女子の総合職・幹部コス志望者は一六人に一人の訓でしかない。圧倒的多数は一般職か専門職て、OL。専門職はの、きっと一割と見られている。昨年夏に同和火災が行った、東京mvt大阪の上場企業に勤めるこから二九歳の五人を対象にしたアンケート調査によれば、彼女たちの八一・六%は「仕事、て人より円立ちたい」と考えており、五問・六%はプライベートなことても日立つ必.裂があると符えてOいる。そのこころは「存在をアピールしたい」「性裕だから」「待だから」。同時に「女性は控えめのほうがいい」に六二・凶%が質成している。測ナ山は「控えめのほうがかわいい」「控えめでないのは見苦しい」「仕えめのほうがうまくいく」。反対の窓口んは「自己主張は必ぎ。そして、他人と差がついて気になるのは、一に「知識の水準」、二に「年収・ボーナスの額」K、三が「冠婚葬祭の金制」。仕恥の災組はファッションやヘアスタイルと同じ桜防災汎になる。気にしないのは、海外旅行の川数とポイフレンドの数。こちらはマイペース、あるいは数よりも質と考えているのか。彼女たちは仕事の実縦はともかく、仕事小あるいはプライベート・タイムも存在を認めてもらいたい。「うちの女の子」ではなく「仕事をちゃんとやってくれて女らしいさん」「自己主張するけどテキパキよくやるさん」上司や男性社員、仲間が自分を悶有名詞て認めてくれれば、働きがいを感じる。結婚に関しては、ポーラ文化研究所が同時期、首都圏の二代独身二八二人から集めた調査で、「一ニO歳去でに結婚したい」が八八・六%を占める。ところが、「今したいか」と問うと、五三・七%が「ノ|」。「玉の輿にのりたいか」には、問人に三人が「のれるものなら、のりたい」。そして、「到性に後われること」にも八二・八%が「嫌ではない」彼’たちの凶心は、一に海外旅行、次いでランクアップできる転職。九・六%は「会社第三章f1!'1ill恋愛t偏差f直結鈴をやめて長期留学したい」と考えており、「したいけど勇気がない」が三%で、目も気持も海の向うへ向いている。欲しいものは、お金と時間。よく遊び、おしゃれが好き。学校主棄した時は「みんなが就職するから私も」と社会進出したが、働きながら海外旅行をするうちに転戦や官学に挑戦したくなり、結掛はその後考えているようである。そして、プライベート・タイムは、昨年末、ワコールが行ったアンケート淵査「別代女性の生活観とセクシー観」に表されている。